日本株 株式 株配当金

日本株年初来安値更新した高配当株(2022年7月1週)

  1. HOME >
  2. 株配当金 >
  3. 日本株 >

日本株年初来安値更新した高配当株(2022年7月1週)

 

週末のマーケットは

7月1日(金)の各市場は以下のとおりでした。

日経平均:25,935.62 -457.42 (-1.73%)
日経平均先物:26,320.00 +490.00 (+1.90%)
NYダウ平均:31,097.26 +321.83 (+1.05%)
NASDAQ:11,127.84 +99.10 (+0.90%)

7月1日は上昇したものの先週比では500ポイント程度のマイナスとなりました。下げ相場であることは間違いないんでしょうね。

 

 

スポンサーリンク



年初来安値更新した高配当株

高配当株の中で年初来安値を更新した銘柄を検索しました。

条件は以下です。

  • 6月27日~7月1日で年初来安値を更新。
  • 配当利回りは4%以上。

今週は23銘柄でした。

 

 

 

  • 2737:トーメンデバイス  (配当利回り5.47%)

半導体商社、豊田通商の子会社。韓国サムスングループの半導体製品(DRAM、NAND FLASH、MCP、システムLSI)、液晶デバイス(液晶パネル)、有機EL、コンデンサ等の製品を国内外に販売。1992年サムスングループ製半導体の販売を目的にトーメン(現豊田通商)、トーメンエレクトロニクス(現ネクスティエレクトロニクス)、三星電子ジャパン(現日本サムスン)の3社で設立。サムスン電子の日本における販売代理店として製品仕入れと販売、販売用途・領域は情報機器、デジタル家電、移動体通信向けが中心。を展開。注力商品はスマートフォン用CMOSイメージセンサ、TV用バックライトLEDなど。海外ビジネス(東南アジア、インド市場)・車載ビジネス拡大を推進。
(マネックス証券より引用)


PER:6.8倍、PBR:0.97倍

配当は7期連続の増配です。

 

 

よろしければポチっとお願いします。

↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

 

-日本株, 株式, 株配当金

© 2022 定年までの資産運用 Powered by AFFINGER5