雑記

NISAの恒久化といっても日本市場は盛り上がらないのでは

  1. HOME >
  2. その他 >
  3. 雑記 >

NISAの恒久化といっても日本市場は盛り上がらないのでは

 

近いうちに来年からの新NISA制度の概要が公表される予定です。

 

  • 現在の一般NISA、つみたてNISAどちらかではなく、つみたてNISAも一般NISA(成長投資枠という名称になりそうですが)双方が利用可能となる。
  • 期間が恒久化される予定。(現在のつみたてNISAは20年、一般NISAは5年)

などなど今のNISAよりも良い内容になりそうなのは歓迎です。

ですが、その投資対象となる日本市場はグタグタが続いている状態です。

日経平均を見ても30,000円を超えることができません。

制度で非課税枠を拡大しても投資対象が上昇(利益がでる構造)しないと投資意欲もわきません。

アメリカの指数は成長が止まった企業はバッサリと切り、新しい企業を入れる事で、長期的に右肩上がりを続けています。こういう市場であるからこそ投資が根付くというものです。

次は日本市場にいかにお金を呼び込むかを考えてほしいところですね。それと日経平均についても構成銘柄をもっとダイナミックに見直ししても良いのではないかなと思います。

そうでないと、結局、アメリカ市場への投資が主体となってVTI、VT、VOOなどにお金が流れるだけになってしまいます。

 

ただ私たち投資家は与えられたツール(制度)を正しく理解して、自分に合った投資を行う必要がありますね。

そいう点では年末年始で新しい制度を勉強していく必要があります。

私は配当目的の投資でもあるので新NISAでは成長投資枠をフルに活用したいなと考えてはいます。

どのような制度になるかは注目したいと思います。

 

よろしければポチっとお願いします。

↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

 

-雑記

© 2023 定年までの資産運用 Powered by AFFINGER5