日本株 株配当金

JT(2914)は、まだまだ捨てたものじゃない理由

  1. HOME >
  2. 株配当金 >
  3. 日本株 >

JT(2914)は、まだまだ捨てたものじゃない理由

 

JT(2914)は高配当株(配当利回り:6.4%)ですが、

  • タバコ事業は先細り(喫煙者(率)の減少)で未来がない。
  • 株価もダラダラ下げていて、減配されればそれで終わり。

そんな感じで見られている方も多いのではないかと思います。

 

それはは承知のうえで、配当銘柄として、まだまだ捨てたものではないと思う理由です。

 

JT(2914)週足チャート(SBI証券より引用)

株価は下げ止まりはしたのではないでしょうか。

 

 

①国内ではライバル企業がいない

 

国内ではJTは独占企業です。国内メーカにライバル企業はいませんので、価格競争が起きません。これは強みです。

 

②利益率の高さ、各種指標の高さ

 

JTの各種指標値ですが、全般的に優秀な数値です。(数値はマネックス証券より引用)

  • 営業利益率:22.08%
    非常に高い値です。(タバコが利益率の高い商品となっておりこれは強みです)
  • PER:11.2倍、PBR:1.1倍
    日経平均のPER:16.3倍、PBR:1.68倍を下回り教科書的には割安な水準にあります。
  • ROE(自己資本利益率):12.70%
    8~10%優良企業の目安とされていますのでこちらも良い値です。
  • フリーキャッシュフロー
    一定額のフリーキャッシュフローはありますので、配当金という点では安心感のある状態にあります。

 

 

③海外での可能性について

 

現在、JTの国内・海外のたばこ事業における比率は、売上で国内(24.1%)<海外(66%)、利益で国内(29.9%)<海外(74.5%)となっています。(マネックス証券より引用)

海外比率がとても高いです。

また世界の喫煙率(2020年時点)は以下のようになっています。(MEMORVA(メモルヴァ)より引用)

日本は全体の89位となっており、それより上位にこれだけの国があります。もちろん人口の少ない国も含まれていますが、まだ市場開拓の可能性はあると考えます。

 

嗜好品としてのタバコは、まだ人気はあります。
私の周りも禁煙をした人はいますが、禁煙を続けられずに喫煙へ戻る人も一定人数います。1箱500円以上にもなるタバコをなぜ買うのだろうと思いますが、好きな人にはやめられないのでしょう。(あっ私は喫煙者ではありません。)

 

捨てたものではないという意味は

 

売上や営業利益は停滞しています。ですので、株価の大きな上昇を期待しているわけではありません。

株価はそこそこ(キープ程度。あわよくば緩やかな上昇)、配当はきっちり継続的にいただく。

そういう意味で「捨てたものではない」銘柄だと思っています。

集中投資するべき銘柄ではありませんが、一定割合は保有していても良い銘柄だはないでしょうか。

 

 

よろしければポチっとお願いします。

↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

 

-日本株, 株配当金

© 2022 定年までの資産運用 Powered by AFFINGER5