資産運用

401K(確定拠出型年金)2021年9月状況(そして運用商品見直し(仰天))

  1. HOME >
  2. 資産運用 >

401K(確定拠出型年金)2021年9月状況(そして運用商品見直し(仰天))

 

401Kの状況

 

私の401Kの状況です。

毎月の積立は25,000円になります。

前回と比較すると評価損益率は1%UP(56%⇒57%)してました。このまま順調に評価あがってくれると良いですね。

 

運用商品の変更

 

今回、なんと運用商品を変更するという連絡がありました。ざっくりいうと以下の変更になります。

  • 対象からはずす商品
    信託報酬が高く、パッシブ運用に劣るアクティブ型の商品13本を削除
    定期預金は5本から2本へ変更(三井住友、みずほ、りそな銀行の定期預金が除外となり、三菱UFJ、セブン銀行の定期預金が生き残る予定。)
  • 追加する商品
    ESG投資カテゴリーを追加
    ゴールドへ投資しているファンド

加入者の意思確認で2/3以上の賛同がないと上記の変更はできないようですが、しかたないという事で変更の方向になるのではないかと思っています。(最終的には来年4月からの変更予定です。)

私が運用している野村DC外国株式インデックスFは、はずされる対象にはなっていません。定期預金は三井住友銀行にしていましたが、この知らせを受けて三菱UFJへ変更しました。定期預金は利率も低く会社で差がないので特に影響は受けませんでした。

はずす理由についてはもっともとは思いますが、対象の商品を運用している加入者にとっては大きな影響があるのではないでしょうか?年金のために長期投資しているにかかわらず大幅な銘柄入れ替えされてしまうのは困りものです。

私はアメリカの401kは不勉強なのですが、このように運用商品の変更なんてあるのでしょうか?

日本もいまでこそインデックス型で手数料が安いものも出てきて、長期投資目的の預かりが積みあがってきていますが、このような事象が発生しているということは、まだまだ本当の意味で投信が根付いていないなと思ってしまいます。

 

 

よろしければポチっとお願いします。
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

-資産運用

© 2021 定年までの資産運用 Powered by AFFINGER5