株式 資産運用

長期投資と言うのは簡単ですが。。。難しい(自己矛盾)

  1. HOME >
  2. 株式 >

長期投資と言うのは簡単ですが。。。難しい(自己矛盾)

この前に資産運用に必要(重要視すべき)なのは時間と書きました。がそれに矛盾するような内容です。

例えば年利5%の配当がある株であれば20年保有していれば元本分相当分の配当が積み上がります。(ここでは税金の考慮はなしにしますが)

100万円で購入した株も毎年5万の配当が入れば5万×20年=100万で元が取れます。
(株式の価値がZEROになっても損はしない。)
さらに言うと基本倒産しない(株式の価値がZEROにならない)。
長期で見れば株価は上がるはずなので売却益も狙える。

だから長期投資します。

このような思いで株式投資を開始する事あるのではないでしょうか。

でも実際の所どうなんでしょうか??

・リーマンショック、チャイナショック、コロナショックで資産が-30%→-40%→-50%と
目減りしていくのを目にするとさらに下がる恐怖から今、売れば少しでも資産価値
があるか今のうちに売却してしまおう。
(そこまでいかなくても配当金が減配、無配となり、もう売却してしまおうという事も
あるかと思います。)

・昨今、SNSでは色々な投資による儲かった話がありますので、そちらに流れるために、
それほど利の乗っていない(or含み損のある)株を売却して乗り換えてみよう。と考えたり。

・個人、ご家庭の事情で売却せざるを得ないケースもあるでしょう。

結果、本来やろうとしていた投資行動ができず失敗に終わる。

上記のような事って誰でも起こりうるものですよね。

しかも投資している期間十数年の90%~95%くらいは穏やかな時間が流れていて、
ほんの一瞬の期間(ほとんどピンポイントに近い)で心理的に大きな影響を及ぼされます。

もちろん私も同じような経験をしていまして、振り返って投資で成功しているのかというと
非常に怪しいです。

自分なりの投資方針を持って始めたとしても様々なトラブル、困難が起きる中どのように
継続していくべきなのでしょうか?

私も回答がありません、成功している方もこのような困難に直面しており
何かしらの手段で乗り越えてきたのでしょうね。

そういう時には、自身の中に何かしらの軸を持ち続けぶれない行動
(時によっては行動しない)を持たないといけないのですね。

例えば株式投資について。そもそも株とはという点で。

株式を発行している株式会社は商品やサービスという形で付加価値を生み出し、
株主には利益・配当という形で分配しています。
それを毎年毎年、会社が存続する限り継続していく活動をしている。
これが長期的にみると右肩上がり(プラスサムゲーム)と言われている背景にあります。
という事を心に刻んで投資に向きあう。

そんなの、わかりきった事だというご意見もあるでしょうし。私もそう思います。

なので私はこのブログを始める事で少しでも読者の方に見ていただいているという事で
自分自身の投資活動をぶれないようにしたいと思います。
(また、そうなったとしてもきちんと文章化する事で後々の振り返り(反省)となる事
へ期待をしたいと考えています。)

投資をやっていく上での永遠の課題かもしれません。

スポンサーリンク

-株式, 資産運用

© 2021 定年までの資産運用 Powered by AFFINGER5