株式 株配当金 米国株

米国高配当ETF(HDV・SPYD・PFF・VYM)比較(2021年1Q終了時)

  1. HOME >
  2. 株式 >

米国高配当ETF(HDV・SPYD・PFF・VYM)比較(2021年1Q終了時)

 

私は「SPYD」、「HDV」、「PFF」の定時買付をしています。配当目的なので買ったらホールド、あまり目先の値動きは気にしないようにしています。ほぼ、ほったらかし状態としていますが、定期的に状況を見る必要はあると思うので、「VYM」も含めて情報の確認をしていきたいと思います。

 

比較チャート

 

完全にコロナ前の価格に戻ってきました。特にVYMはそこから14%も上昇しています。

2020年2月所から現在の価格の比較。

VYM(+14%)>SPYD(+6%)>HDV(+3%)>PFF(+2%)

 

配当利回り

 

銘柄 VYM SPYD PFF HDV
分配金利回り 2.77% 4.72% 4.52% 3.57%

自分的にはSPYD、PFFは4.5%以上であれば引き続き買っていきたいと思っています。

 

構成銘柄

それぞれの上位30銘柄は以下のようになっています。

①HDV

②SPYD

③PFF

④VYM

 

セクター比率の比較

4銘柄を比較して比率の一番高い箇所を網掛け(黄色)にしています。

高配当を期待するなら金融、公益事業、エネルギーの比率が高くなるかと思います。特に金融、エネルギーは景気に左右されるセクターでもあるので、それを補完する生活必需品、ヘルスケアあたり(配当利回りは高くないものの安定性、継続的な増配が見込まれる)を付け加えられるとよいかと思います。そういう点で今はSPYD、PFF、HDVを買付の対象としています。

まあ毎月大きな変化はないかと思いますが3か月に1度くらい継続的に見ていきたいですね。

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

にほんブログ村

スポンサーリンク

-株式, 株配当金, 米国株

© 2021 定年までの資産運用 Powered by AFFINGER5