米国株

米国高配当株と言われている(言われていた)銘柄の惨憺たる状況

  1. HOME >
  2. 株配当金 >
  3. 米国株 >

米国高配当株と言われている(言われていた)銘柄の惨憺たる状況

 

米国の高配当株と言われている、あるいは、言われていた銘柄の今です。アマゾンのチャートと比較すると惨憺たる状況です。

■amzn(アマゾン)はきれいな右肩あがり。

■オイル系(BP、RDSB(ロイヤルダッチシェル))

減配+コロナショック時の株価に迫る下落。

■タバコ(BTI、MO)

コロナショックから立ち直りの気配を一瞬見せたものの、再度下落に転じてコロナショック時の価格を目指している??(配当が維持されているのは唯一の救い。)

■銀行(HSBC、WBK(ウェストパック銀行))

現在は無配で高配当銘柄の面影もなし。HSBCについてはコロナショックから更なる下げが。。。

■その他(T(AT&T))

配当は維持しているものの株価はコロナショック時のまま。

 

いや~、なかなかつらいものがありますね。と他人事な事を言っておりますが、すべて私保有しています。(涙)ただ、配当目的での保有ですので、もう少し先の将来に期待しつつ、地道に買い進めていきたいと思います。(もちろん買付の優先度は考えますが)

 

 

スポンサーリンク

-米国株

© 2021 定年までの資産運用 Powered by AFFINGER5