株式 株配当金 米国株

米国株ETFの主力比較してみます(その3)

  1. HOME >
  2. 株式 >

米国株ETFの主力比較してみます(その3)

高配当ETFのセクター別の投資対象の比較をしてみました。

対象銘柄は「SPYD」、「HDV」、「VYM」の3銘柄です。

※PFFは優先株への投資もあり他3銘柄と少し投資対象を比較するのはどうなのか?と思いまして外して3銘柄で比較してみました。

 

◇株価推移、配当利回りで比較してみた。

◇概略で比較してみた。

 

◆3銘柄比較
①不動産セクターはSPYDのみ。
②エネルギー、通信、ヘルスケアはHDVの組み入れ比率高い。
③一般消費財はVYMが高い。
④景気が悪化した場合、比較的影響が小さいセクター(ヘルスケア、生活必需品、公益事業、通信)比率が高いのはHDV。

 

◆HDVとSPYDで比較

①金融/不動産/素材はSPYD、資本財/ヘルスケア/通信/エネルギはHDVが比率高い(偏りが強い)。
②2つを合わせるとセクター全般的なバランスが取れる。

 

◆SPYDとVYMで比較
①不動産はSPYD、一般消費財/ヘルスケアはVYM比率高い(偏りが強い)。
②2つを合わせると金融の比率が高くなる。それ以外はセクターへの投資比率に大きな差はない。

 

◆HDVとVYMで比較
①エネルギー/通信はHDV、金融/一般消費財はVYM比率高い(偏りが強い)。
②2つを合わせるとヘルスケアの比率が高い、また不動産セクターは低い。

 

例えば2種類のETFを選ぶとすると。
・SYPDとHDVを持っているとセクターのバランスは良い。
・景気後退時に相対的に影響を受けるのセクター比率が高いのはHDV。

人それぞれの考え、好みがあると思いますが、私は上記2点は頭に入れたうえで高配当ETF購入をどうするか考えていきたいと思います。

★少しHDVの購入もしていきたいと思います。

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

-株式, 株配当金, 米国株

© 2021 定年までの資産運用 Powered by AFFINGER5