株式 株配当金 米国株

米国株買うならリスト(2022年11月)

  1. HOME >
  2. 株式 >

米国株買うならリスト(2022年11月)

 

米国株で配当狙いとして買い付けできそうな銘柄を探してみました。

抽出の基準は2通りです。

直近下落中の高配当銘柄

・時価総額:時価総額上位500社
・この1か月(20営業日)に52週安値を更新
・配当利回り:5%以上

で抽出してみました。

 

 

 

高配当銘柄

・時価総額:時価総額上位500社
・配当利回り:4%以上

 

ちょっと注目

 

  • CME:CMEグループ(配当利回り:4.01%)
    CMEグループは、シカゴを拠点に、投資家、サプライヤー、企業が金利、株価指数、外国通貨、エネルギー、金属およびコモディティに基づいて先物やデリバティブを取引できる取引所を運営している。1898年に設立され、2002年に新規株式公開を完了した。その後同地域の競合であるCBOT Holdingsと2007年に合併し業界の一部を統合した。さらに2008年にNymex Holdings、2018年にNEXグループを買収した。さらには、S&P Dow Jones Indicesの27%の株式を保有しており、シカゴマーカンタイル取引所をS&P先物契約の取引と清算の独占的な取引所とした。2018年にNEXグループを買収したことにより、現金外国為替、債券取引、担保の最適化にも業務を拡大した。
    (マネックス証券より引用)

特別配当を定期的に出す企業ですね。

 

以下4つの取引所で構成されており寡占的な企業です。

  • CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)
  • CBOT(シカゴ商品取引所)
  • NYMEX(ニューヨーク・マーカンタイル取引所)
  • COMEX(ニューヨーク商品取引所)

 

 

大きな動きがなくとも定点での比較・チェックは継続していきたいと思います。

よろしければポチっとお願いします。

↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

にほんブログ村

 

なかなか難しい相場の時にはウォーレンバフェットの考え(哲学)を勉強するのも良いかと思います。

↓↓↓↓↓

-株式, 株配当金, 米国株

© 2022 定年までの資産運用 Powered by AFFINGER5