投信

積立NISAの銘柄見直し(2020年)

  1. HOME >
  2. 投信 >

積立NISAの銘柄見直し(2020年)

 

積立NISAを2018年から開始して3年目になります。(マネックス証券を利用しています。)基本、インデックス投信を買付していて日経225/全米/世界先進国の3種類で積み立てをしています。

◆現在の積み立て銘柄

・eMAXIS 日経225インデックス
・たわらノーロード 先進国株式
・楽天・全米株式インデックス・ファンド

年に1度は状況を見て、必要があれば銘柄の入替えをしていました。インデックス投資で日経225、米国、世界株式の3つへの積み立てという考えしています。もし新しく設定された銘柄で手数料(信託報酬)の安いものが設定されていれば銘柄変更を検討しています。

今回久しぶりに見直しをしましたが、結果としては買付銘柄変更しました。

◆日経225インデックス

日経225インデックス投信についてはちょっとびっくりでした。(信託報酬があまりにも低くなっているというか、自分が選んでいた銘柄が高かった事にびっくり)

eMAXIS 日経225インデックス   0.44%
eMAXIS Slim 国内株式(日経平均) 0.154%

え~。2年くらい前に「たわらノーロード日経225」⇒「eMAXIS 日経225インデックス」へ銘柄変更したのは覚えてるのですが、「eMAXIS Slim」はその後に取扱いは始まったのかな???当時見落としたとも思えないのだが。

しかし同じ投信会社で同一の投資対象を運用をしているのにも関わらず銘柄が複数あるのって本当にやめてほしい。(しかも手数料が違うなんて。)文句言っても仕方がないので、さっそく「eMAXIS 日経225インデックス」   ⇒「eMAXIS Slim 国内株式(日経平均)」へ銘柄変更を行いました。

 

◆米国株式

「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」、「SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド」と信託報酬さらに安い銘柄が出ているんですね。

これは「SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド」に変更しました。

※S&P500と楽天・全米株式インデックス・ファンドの投資対象は厳密には異なりますが大きなパフォーマンスの違いはないので変更する事とします。

 

◆先進国株式

これは投資対象同じで「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」の方が安いので銘柄変更します。「たわらノーロード 先進国株式」 ⇒「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」へ変更。

 

◆変更後の積立

 

頻繁に見る必要はないと思いますが、年に1回くらいは銘柄の情報をきちんと把握しておかないといけないですね。長期で投資予定なので信託報酬の差はボディーブローのように効いてくるので。

 

スポンサーリンク

-投信

© 2021 定年までの資産運用 Powered by AFFINGER5