ダメリーマン 未分類

年取るとどうなるの?サラリーマンの99%はこの道をたどる。

  1. HOME >
  2. その他 >
  3. ダメリーマン >

年取るとどうなるの?サラリーマンの99%はこの道をたどる。

 

やる気に満ち溢れていなくても、それなりに頑張って少しでもキャリアUPしていこうと思っている人達からみると年取ったおじさん(特に50歳以上)の大部分はやる気がなかったり、何か言っているだけで何もアウトプットしていない、なんで給料もらってるんだ?と内心イラついてる若い人がたくさんいるのではないでしょうか?

 

でもこれって誰もがそのようになるのです。私も決して上昇志向の強い人間ではありませんでしたが、若い時にベテランの方を見る目はそうでした。
でも今になると仕方ない事なのだと十分に理解できるようになります。

 

そんなオジサンが年取ると肉体的精神的にどのようになるのか、ちょっと書いていきたいと思います。

・意欲がなくなる
少しずつでもキャリアアップするが、その目が完全に閉ざされ給料も下げられると仕方ない事と頭では理解しているものの仕事に対するモチベーションはダウンします。そして今更、新しい事へチャレンジしても、しなくても給料はあがらないし、それなら緩く仕事してけば良いんじゃね!という思考になってきます。

・ストレス耐性が弱くなる
以前もブログに書きましたが、これ本当です。今まで色々な経験してきたのだから、そういった経験値で色々無理言われても受け止めてくれるんじゃないの?というのは大きな間違いです。逆に大した事できないくせに、変なプライドが根っこにあって色々言われると、さすがに言い返したり、切れたりするのはぐっと我慢しますが、心の中では結構傷ついたりします。そして、あと引きます。精神的にちょっとした事えかなり疲れます。

・受け身体質になる
意欲がなくなるのと一緒で自分から発信しなくなります。その方が楽だと思うので。言われなければ、じーっとしてる(仕事しない)、そういう耐性はつくんですけどね。

・変化を嫌うようになる
これはイノベーションを起こすととかそんな大きな話の事ではありません。もっとちっちゃい事でよくわかります。例えば新しいIT技術がでてもなかなか順応できません。
昔一緒に仕事したちょっと下の後輩(もちろん50代)と転職の話をしていた時、新しい職場に行ったら新しいPCとか準備されていても設定とかできないから恐怖を感じて転職なんか考えられない。と本気で語っていました。そんな小っさな変化にも敏感になってしまうのです。

・体力がなくなる
仕事に集中できない、読書も長時間できない。(すぐ眠くなる)。よく30歳になったから、40歳になったからすっかり体力なくなったな~。と、感じると思いますが50歳になるともっと酷いです。30、40歳代って寝れば少しはすっきりするじゃないですか?50歳になると睡眠も浅くなり、朝もトイレに行きたくて目覚めたり、寝てもまったく疲れがとれないんです。睡眠も体力使うというのはその通りです。

・目が見えなくなる(老眼)
仕事に根気がなくなるのもそうですが、老眼はつらいです。特にPCをずっと見ているのは焦点が合わずになかなかつらいものがあります。

このような様々な症状・状態が日常のサラリーマン生活で起こっているわけで、自分の身に起きていない若い人達は、オジサンはやる気ない、老害等々の目でみる事でしょう。でもこれはサラリーマンのサイクルであったり、人の老化において仕方のない事というのは理解してほしいですね。
年功序列型の賃金体系が根強く残っているのが若い人に取っての本質的な不満なのだと思います。

おじさんも会社に貢献できてない、迷惑かけてるなと少しは思っているのです。

だからこそ、自分も配当を積み増せるよう資産運用をして少しでも会社にしがみつく事なく、そこにいる若い人達に迷惑かけないようしようとは考えております。

スポンサーリンク

-ダメリーマン, 未分類

© 2021 定年までの資産運用 Powered by AFFINGER5