ソーシャルレンディング 未分類 資産運用

土地(不動産)でいい思い出がないので不動産投資はしない!(その2)

  1. HOME >
  2. ソーシャルレンディング >

土地(不動産)でいい思い出がないので不動産投資はしない!(その2)

前回からの続きになります。

 

◆更なる問題(53歳~)

実は、もう一つ祖父のアパート・土地に関する問題があったのです。このアパートも木造築50年は経過しています。
残りの1棟だけ今現在も稼働しているアパートがあるのですが会社(親族経営)で経営をしています。
これも前回登場している叔母が管理をしてくれていました。

が、、、その叔母が癌になってしまい、癌と診断されて半年もたたずに亡くなってしまいまして。
私がその会社を引き継ぐ事となってしまったのです。(それが昨年の事)

そしてここから、会社の役員交代、相続関係を祖父の時代から契約をしていた税理士、行政書士にお願いし休みの日を利用しなんとか手続きをしてきました。
その次は昨年度の決算処理・納税をやらないといけないのですが、昔からの税理士からは決算処理を断られ(新しい経営になったので一旦リセットしないかと。)。

弱小といえど会社の決算などした事ない自分は途方にくれ、地元の税理士相談会に駆け込みました。そこで相談にのってくれた税理士さんが丁寧な対応をしていただき決算処理も手伝ってくれる事となりました。(ここから打ち合わせ等々でまたプライベートの時間を取られるはめに。)

しかもこのアパートには1世帯しか住んでおらず家賃収入は修繕のために残しておく必要もあり、会社の年間の売り上げ(家賃収入)なんて100万程度です。今後アパートの修繕等を考えると、お金残しておかないといけないしというのもあり私の報酬はゼロです。

土地は私の母親と叔母(二番目の妹)から相続した甥っ子(アメリカ在住)で自分の物でもなく、自分はなんのために駆け回ってるんだ??
という虚しさもありながら、亡くなった叔母には世話になったのでとりあえず2年間はなんとかしようという事で法人税の申告まで終わらせました。

後々はこの土地についてもどうするか甥っ子と話をしていかないといけなく、高齢の母親の持ち分もあり相続税とか考えると、お先明るい事は何もないな。。。

という思いです。

大した家賃収入もないのに法人税は取られ、固定資産税も取られ、(税理士さんへの報酬もあり)差し引いた家賃収入なんてスズメの涙しか口座に残っていません。

土地や建物なんて持っていても固定資産税、後々には相続税でどんどん国に吸いあげられるだなと本当に実感しています。
更に今後、人口減少もあったり、コロナの影響もあり地価も下がっていくのではないでしょうか?

 

ローンまで組んでマンション投資とかって、よほどの目利きか、物件を丁寧にリサーチしないとそこそこの収益はあげられないと思います。
不動産は資産になるとはいえ、老朽化した建物は大変ですよ~。本当、資産価値なんであってないようなもんだと思いますね。

このあたりを見てきたので現物での投資は絶対にやろうとは私は思いません。
そして自分にはまだ喉に魚の小骨が刺さった状態が続いてるのです。(このアパート、土地をどうしていくのか?)

 

不動産投資をするのであればソーシャルレンディング等での投資の方がまだ気楽でそれなりの収益(利率)が期待できるので、そちらで十分です。

スポンサーリンク

-ソーシャルレンディング, 未分類, 資産運用

© 2021 定年までの資産運用 Powered by AFFINGER5