雑記

ドル円の行き過ぎは必ず調整されるでしょうね

  1. HOME >
  2. その他 >
  3. 雑記 >

ドル円の行き過ぎは必ず調整されるでしょうね

 

ドル円が143~144円台ととんでもなく上昇しています。

日米の金利差によるものだけでは理由がつかない為替レートの動きとなっています。

 

ただ過去にも大幅な為替レートの上昇はありました。

 

月足でドル円をみると以下のようになります。

  • 黒枠
    上昇:(1995/4)79.3円 ~ (1998/8)147.2円 → 67.9円 Up
    下落:(1998/8)147.2円 ~(1999/11)101.2円 → 46円 Down
  • 水色枠
    上昇:(1999/11)101.2円~(2002/2)134.9円  → 33.7円 Up
    下落:(2002/2)134.9円 ~(2004/12)102.2円 → 32.7円 Down
  • オレンジ枠
    上昇:(2012/11)77円~(2015/6)125.5円  → 48.5円 Up
    下落:(2015/6)125.5円 ~(2016/9)99.5円 → 26円 Down

 

現在の上昇も起点を2021/1とすると103円で、現在(2022/9)144円。41円Upしています。

この上昇が仮に近いうちに止まるとしても、20円~40円くらいはDownする可能性は十分にあります。

 

  • 本格的に下げるタイミングは?
  • 下げ幅は?
  • 下げ止まりのタイミングは?

などは、まったく予想できませんが、いずれはそうなる事は頭に入れておきたいですね。

 

 

よろしければポチっとお願いします。

↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

 

-雑記

© 2022 定年までの資産運用 Powered by AFFINGER5