ダメリーマン 節約

テレワークのメリットあらためて

  1. HOME >
  2. その他 >
  3. ダメリーマン >

テレワークのメリットあらためて

 

私はこの1年間テレワーク率が95%程度だったのですが、めずらしく今週は出社が続きました。

ただ出社と言っても、本来の部署があるオフィスではなく営業など外回りが一時的に利用できるリエゾン席があるオフィスへの出社です。資料を作成するのには会社の設備の方が楽なため出社をしました。そしてほぼ知った顔がいないので集中することができます。

 

出費が減る

あらためて出社をするとお金って減っていくんだなと実感しました。

コロナ禍なので飲み会などはありませんが、

  • 出社すると3,000円~3,500円の出費があります。
    モーニング:500円
    ランチ:1,000円
    飲み物(ペットボトル)2本:300円
    ちょっとお菓子食べたくなってしまうので:200円
    帰りにデパ地下とかで夕食のおかず(ちょい足し):1,000円
    スーツで行きますのでワイシャツクリーニング200円

 

 

1日で2,500円程度の差になりますので、これが月5日間の出社で12,500円、月10日の出社で25,000円、毎日出社でれば50,000円くらいの差になっているのかもしれません。

テレワークで家に籠っているのもストレスにはなるので、たまに出社するのはちょっとした気分転換にはなります。

ただ、このように数字でみると無駄使いとは言いませんが、出社しないことで節約できるお金が積みあがっているのだなと実感します。

まあ、毎年収入が減っている自分にとっては、この程度の節約では収入減に追いついてはいませんが。。。

 

毎日2時間が自分の物になる

 

お金だけではなく一番は通勤にかかる時間を自分に還元できることが一番大きいですね。往復2時間近い通勤時間が自分のものになるわけですから。

  • 睡眠時間を確保できる
  • 休日にしか行けない床屋やも平日に行ける、そして空いている(その分休日の自由な時間が増える)
  • 年取ってきた自分にとっては通勤(ラッシュ)のストレスが軽減される

出社してやる気アピールする必要のないダメリーマンにとってはこのままテレワーク主体の仕事でゆるくやっていきたいなと切に願うところです

 

スポンサーリンク

-ダメリーマン, 節約

© 2022 定年までの資産運用 Powered by AFFINGER5