ダメリーマン

ダメリーマンのその後

  1. HOME >
  2. その他 >
  3. ダメリーマン >

ダメリーマンのその後

 

約1か月前、自分の状況を上司に伝えたものの一旦、様子見となったまでお伝えしました。

 

その後の状況ですが、、、
大きくは変わっていません。

ですが、その後も少しずつ周りにも調子良くないアピールをしていまして自分の仕事といいますか役割の一部を他の方に担当していただく事に成功しました。

私がやる事について量的には、それほど変わらないのですが質的な面で精神的負荷を少し落とす事ができたので1か月前と比較すると楽と感じられるようにはなりました。

この1か月会社に行きたくないという思いはあるものの、なんとか平常心で出社しています。

この1か月、自分自身壊れないようにやった事は。

  1. 自分の現状を伝える。(上司、周辺の人に)
    とにかく粘り強く継続的に。
  2. いろいろな面でストレスを解消させる。
    ・友達に愚痴る。(飲みにいけないのでラインで自分の状況を面白おかしく報告してました)
    ・好きなもの食べる、飲む。
    ・適度に運動する。
    ・ちゃんと寝る。(寝れなくても横になる。寝れなければ医者に行って安定剤もらって寝る。)

という事でギリ長期休暇(休職)まで行く事にはならずになんとか済んでいる状況でございます。

サラリーマンといえど、言われた事を我慢してやり続けても自分の体を壊しては何の意味もありません。

まずは会社と対話してみる。ということは必要です。(私のいる会社が対話できるという恵まれた環境なのかもしれませんが)

従業員と会社の関係は昔に比べると従業員の立場は強くなってきていると思います。会社も労働基準監督署などに目をつけられる事を恐れますし、SNS等でブラックな事が広まると大変な事になりますからね。

私も今後の状況により、また調子が悪くなるかもしれませんが、その一歩手前で何かしらの対策を打っていこうと思います。

まずは自分を守る事を第一優先で。

スポンサーリンク

-ダメリーマン

© 2021 定年までの資産運用 Powered by AFFINGER5