株式 株配当金 米国株

アメリカ株に手を出しずらい

  1. HOME >
  2. 株式 >

アメリカ株に手を出しずらい

 

アメリカ市場が下げていますが、私が積立て(定時買付)をしている高配当ETF(SPYD、HDV、VYM、PFF)も下げてきています。

特にSPYD、VYMあたりは買ってみたい価格に来ています。

  • SP500、SPYD、VYM、HDVの比較(1年)
    高配当ETFも下落してきたとはいえSP500と比較すればまだ健闘はしています

 

でもですね、円安の影響があまりにも大きいんですよね。

SPYDは現在37ドルです。これドル円が110円なら是非とも買っていきたい値ごろ感なんですが、ドル円が140円だと約30%分の日本円の価値が落ちていることを考えないといけないんですよね。

なのでSPYDの株価は37ドルではなく37ドル×1.3倍の48ドルのイメージなんですよね。SPYDが上場来48ドルなんて高値ついた事ないんですよね。

同じように、VYMの現在値98ドルでも、127ドル相当となり同様なんですよ。

そう考えると円で買い付けることには躊躇してしまいます。

 

現在の定期買付は積立てと割り切り継続していますが、スポット買付はちょっとできないですね。というか、定時買付も一旦休止しようかな、、、とも考えています。

 

 

よろしければポチっとお願いします。

↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

にほんブログ村

 

なかなか難しい相場の時にはウォーレンバフェットの考え(哲学)を勉強するのも良いかと思います。

↓↓↓↓↓

-株式, 株配当金, 米国株

© 2022 定年までの資産運用 Powered by AFFINGER5