生活

とある金曜日の家飲み

  1. HOME >
  2. その他 >
  3. 生活 >

とある金曜日の家飲み

 

コロナ騒動以降、毎週金曜日は家飲みとなりましたが、一体どのくらいお金の節約になっているのか?
とある日の家飲みコストを出してみました。(嫁さんと二人分です。)

①ドリンク
・クラフトビール:300円×2缶=600円
・ハイボール(成城石井のがお気に入り)250円×3缶=750円
・梅酒:1缶200円
⇒1,550円

②おつまみ
・焼き肉用肉(フライパンで焼くだけ)
 牛肉:1,100円
 豚肉(トントロ)600円
・から揚げ(デパ地下夜割り):500円
・サラダ:700円
・しめ鯖(真空パックの)700円
・家にあった野菜軽く炒める:300円
⇒3,900円

合計:5,450円(一人あたり2,700円)

外食すれば多分1万円くらい??なので1回の飲み代で4,000円~5,000円の節約になりますね。

コロナ後の週末は大体こんな感じ。(今回はうちにしては豪華だったので普段はもう少しお金かけてないはずです。)

 

金曜日の家飲みで大変なのは、嫁も私も仕事終わりに慌ててデパ地下を探索しにいくので慌ただしい。閉店間際なので人が多い。(混雑)

たまには外で食事したり飲みにいきたいと思いますが、こんな週末の過ごし方が、かれこれ3か月たちましたね。のんびり飲めるので悪くないなと思いますが、同時に金曜日に一週間の仕事(してないけど)を振り返りますます落ち込み、酒に溺れるようになって気がします。(涙)

※ちなみに私はアルコール(ハイボール、ちゅーはい系)の原液(ウイスキーやレモンサワーの素)は購入せず缶にしています。
(ネットの情報で缶の方がコスパが良い(炭酸、氷とか用意するのを含めると)となっていたので。本当かは細かく計算はしていません。
洗い物は減りますが、週明け資源ごみの缶の量はすごく増えました。

 

 

前回の記事では3,000円くらいの節約と書いていましたが、まあまあ良い線言ってますね。
↓↓↓↓↓

スポンサーリンク

-生活

© 2021 定年までの資産運用 Powered by AFFINGER5