日本株 株式 株配当金

50歳を過ぎての投資への向き合い方もかわる

  1. HOME >
  2. 株配当金 >
  3. 日本株 >

50歳を過ぎての投資への向き合い方もかわる

 

私は定年(60歳)まで数年の身なのですが、昔に比べて投資に関する考えは確実に変わりました。

それは無謀(考えずに)に色々と失敗した事が糧になったこともありますが、一番は今後数年で給与所得がなくなるため大きな失敗は許されないという思いが強くなったからです。

そういう点で心がけていることがあります。

50過ぎてあらためて言う事でないのは重々承知ですが。

  • 一攫千金はない
    1年で2倍、3倍の利益はない、望まない。
    1年で10%の利益があがれば大成功。(5%でも十分成功)

 

  • 自分に向かない、知らない投資はしない
    デイトレはしない。
    新しい商品、仕組みに飛びつかない。

 

  • 投資有無の判断は自分で決める
    SNSなどの情報に踊らされない。
    なぜここで投資したのか?それを言語化できるようにする。投資した時点で浅い根拠だとしても、次につなげる学びを得るため。(ここはちょっと怪しいかもしれません。)

 

  • 一定の余力を持つ
    今までは証券口座に現金があると投資しないといけない(機会損失の恐れ)と思いがちでしたが、今はそんなことはありません。いつ来るとはわからない暴落に備えて最低30~40%の余力を保持したまま投資をすることがあたりまえとなっています。

 

そんな事を考えていくと配当収入を得るという投資は自分には合っているものなのかもしれません。

 

まあ心がけている事なので、絶対に守っていると断言はできないのが自分の心の弱さではあります。

 

 

 

よろしければポチっとお願いします。

↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

 

-日本株, 株式, 株配当金

© 2022 定年までの資産運用 Powered by AFFINGER5