株式 雑記

3か月前の「バブルが弾けた??」からどうなったのか

  1. HOME >
  2. 株式 >

3か月前の「バブルが弾けた??」からどうなったのか

 

3か月前にバブルが弾けた??とブログに書いた事を思い出しました。

 

2月後半に日経平均は1,200円以上の暴落となり、「バブルは弾けた」というNewsweekの記事があったので、そんな話題で書いていました。

 

で、3か月たった現在(2021年6月)どうだったのでしょうか?

 

日経平均、マザースともに3月と今を比較すると、ほぼほぼかわらない状況です。日経平均は29,000円を少し上回る。マザーズは1,150前後。

 

■日経平均日足チャート(SBI証券より引用)

■マザーズ指数日足チャート(SBI証券より引用)

 

日経平均は、3万円突破を試みるも、そこまでの勢いはなく、下落トレンドに入ったか?はいらないか?微妙な状態です。

マザーズ指数は5月に1,050割れまで下落したものの、少し盛り返してきた?あるいは、ここからまた下落する?とも思えるようなチャートです。

 

この3か月の状態をみると、それまでの上昇の勢いはなくなったものの、バブルが弾けて株価が下落した!という感じではありません。

「この先は良くわからない。という事が継続しているだけ。」

という事でしょうか。

 

Newsweekの記事の最後にある通り「論理的に静かに始まったバブル崩壊。したがって、この崩壊は本物であり、崩壊は確定したと見て、間違いないだろう。」

バブル崩壊は静かに始まった、という事については否定はできないかもしれません。

 

ここから3か月後の景色はどうなっていのでしょか?

日本については、開催するであろうオリンピックの時期は終わっているわけで、それが何かしらのトリガーとなるのか?あるいは、コロナワクチン接種がいい所まで行き渡り、社会活動がどうなるのか?

アメリカはコロナが落ち着き次のテーマはどうなっていくのか?

今年後半の株式市場も、何かしらのトリガーで大きく動く事があるかもしれません。その時に落ち着いて行動できるようにしていたいものです。

 

スポンサーリンク

-株式, 雑記

© 2021 定年までの資産運用 Powered by AFFINGER5