投資関連書籍 読書

読書本(知ってそうで知らなかった ほんとうの株のしくみ)

  1. HOME >
  2. 読書 >
  3. 投資関連書籍 >

読書本(知ってそうで知らなかった ほんとうの株のしくみ)

 

株式投資の本質は何なのか?というのをあらためて理解するにうってつけと感じた本です。

知ってそうで知らなかった ほんとうの株のしくみ
著:山口揚平

株を取引する事はどういう事なのか?買値より高い価格で売る事ではなく、今ある資産(現金)をより価値のある資産に交換するプロセスである。という事が丁寧かつシンプルに説明されています。

その企業の価値を把握し、現在の価格(株価)と比較する事で購入に値するのかを決める。という所のお話がメインになります。

そして最後、株で損をするのはなぜか?という感情の罠に対するお話で締まるのですが、株式を購入するあらためて振り返るのに良い書籍だと思います。

投資を始めようとする方から、すでに投資をされている方、すべての方が一度は読んでみて良いのではないでしょか。

 

お薦め度は★★★★★です。

 

 

スポンサーリンク

-投資関連書籍, 読書

© 2021 定年までの資産運用 Powered by AFFINGER5