その他 ダメリーマン

自分は典型的なサラリーマン人生を歩んでいるのか

  1. HOME >
  2. その他 >

自分は典型的なサラリーマン人生を歩んでいるのか

今、私は50歳台中盤に差し掛かろうとしていますが、よく言われている役職定年になっていると思います。役職って何なの?っていう事もありますが、少なくとも給与はここ数年毎年一定額減らされております。

しかも出向を命じられ、一度も仕事をした事がない方とプロジェクトを担当させられており、まったくやる気がおきません。

でも、給料は欲しいし、退職金もなるべく欲しいし、定年までなんとかしがみつきたい。
もっと仕事楽にならないか?日々妄想を膨らませているという、若い人から見ると完全にダメ中間管理職(役職定年なのでないに等しいですが)なのです。

同年代の方は少しは同調してくれる所もあるかもしれませんが。。。

今までをざっと振り返ると。

・20代30代は新しい事を覚え自分のものにし、周りに認められ給料もあがりモチベーション高く仕事をしている。

・40代中盤くらから、そろそろ自分のポジションの先が見えてきてちょっとしたあきらめの気持ちが芽生えてくる。(でも管理職として下の若い社員と一緒に仕事をして、それなりに慕われ、まずまずの給料もらえており現状に甘んじている。)

・50代に入りポジションがなくなり、管理するメンバーも減っていき、そうこうしているうちに一人管理職になってしまう。(あるいは私のように出向先で見ず知らずの人の管理をさせられる。)若い人と仕事をするのは楽しい事もあるが、若さがもっている勢い、パワーと付き合うのはなかなかしんどくなってくる。

自分としてはほどほどの仕事でほどほどの給料でいいので、もっと楽させてくれよ!と思い悩んでしまう。
今はまさにそんな感じです。

しかも年を取るほどに体力の衰えだけでなくストレス耐性が劇的に低下します。
これが一番つらいし、若い人にはわかってもらえない。
経験を積んだから、その経験値で色々な対応ができるでしょう。なんでできないんですか?
なんて目で見られてしまう。

(「オメーも50歳過ぎたらわかるよ」と言いたくても、世代の違う子に言っても理解されるわけもなく)

まだまだ、ある意味旧態依然とした会社が多数をしめており(多分そうでしょう)若い人にとっては頑張りが報われない、仕事変えたいと思っているかもしれませんが、年配も年配の悩みがあるのです。(甘えててすいませんが。)

さきほど楽させてくれ!と書きましたが、もう少し自分の裁量で縛られずに仕事をしたい。というのが本音です。
がサラリーマンはそういう事はできません。

まっそんな典型的な(?)ダメリーマンですが、今入ってくる給料は大事に資産運用に回していき自分主体の考えを投資行動に結び付けていきたいと思います。

このカテゴリーではダメリーマン的な思い、行動をつらつら書いていこうかなと思います。

 

 

そんな心が疲れてる50代にはこんな本がお薦めです。


スポンサーリンク

-その他, ダメリーマン

© 2021 定年までの資産運用 Powered by AFFINGER5