日本株 株式 株配当金

日本株年初来安値更新した高配当株(2021年12月2週)

  1. HOME >
  2. 株配当金 >
  3. 日本株 >

日本株年初来安値更新した高配当株(2021年12月2週)

 

12月11日(金)の市場は日経平均はマイナスただし先物はそれを帳消しにするプラス、アメリカもプラスでの引けとなりました。先週の下落を埋める上昇でしたね。

日経平均:28,437.77  前日比:-287.70 (-1.00%)
日経平均先物:28,560.00  前日比:+180.00 (+0.63%)
NYダウ平均::35,970.99 前日比:+216.30 (+0.60%)
NASDAQ:15,630.60  前日比:+113.23 (+0.73%)

来週はどうなるのでしょうか。

 

年初来安値更新した高配当株

高配当株の中で年初来安値を更新した銘柄を検索しました。

条件は以下です。

  • 12月6日~12月10日で年初来安値を更新。
  • 配当利回りは5%以上。

 

先週は31銘柄でしたが今週は4銘柄となりました。

  • 進学会ホールディングス (9760)
    ⇒以下のニュースがありました。
    進学会ホールディングス<9760.T>が急反落し年初来安値を更新している。9日の取引終了後、40万株の立会外分売を実施すると発表しており、短期的な需給悪化を警戒する売りが出ているようだ。 株主から一定数量の売却意向があり、株式の分布状況の改善や流動性の向上を図るためという。分売予定期間は12月17日から22日までで、分売価格は分売実施日前日の終値もしくは最終気配値を基準として決定する予定。なお、買付申込数量の限度は顧客1人につき1000株(売買単位100株)としている。
    業績もいまいちですし、さわらない方がよさそうです。

 

スポンサーリンク



先週は上昇

 

日本市場は週前半は上昇したものの後半はだれて下げました。

今週はどうでしよう?

この一覧から丁寧に銘柄を見ていくと配当目的の資産積み上げに寄与するものもでてくるのではないでしょうか。

 

 

 

-日本株, 株式, 株配当金

© 2022 定年までの資産運用 Powered by AFFINGER5