日本株 株式 株配当金

日本株年初来安値更新した高配当株(2021年12月1週)

  1. HOME >
  2. 株配当金 >
  3. 日本株 >

日本株年初来安値更新した高配当株(2021年12月1週)

 

12月4日(金)の市場は日経平均はプラスただし先物はそれを帳消しにするマイナス、アメリカもマイナス圏での引けとなりました。

日経平均:28,029.57  前日比:+276.20 (+1.00%)
日経平均先物:27,790.00  前日比:-280.00(-1.00%)
NYダウ平均::34,580.08 前日比:-59.71(-0.17%)
NASDAQ:15,085.47  前日比:-295.84 (-1.92%)

来週はどうなるのでしょうか。

 

年初来安値更新した高配当株

高配当株の中で年初来安値を更新した銘柄を検索しました。

条件は以下です。

  • 11月29日~12月3日で年初来安値を更新。
  • 配当利回りは5%以上。

 

先週は17銘柄でしたが今週は31銘柄となりました。

  • タカラレーベン・インフラ投資法人 投資証券 (9281)
    ⇒11月末決算による権利落ちと新投資口発行及び投資口売出しにともなう下落。
    インフラファンドやリートが新投資口発行(株でいう増資)する場合、価格が下がりますが一般の事業会社の増資より目的が明確(設備や不動産の取得→配当に結びつく)な気がして、少し落ち着いた所を拾うのはありかと考えています。
  • エネクス・インフラ投資法人 投資証券 (9286)
    ⇒11月末決算による権利落ち。
  • ジャステック (9717)
    ⇒PER:11.7倍、PBR:1.00倍。2020年11月の大幅な増配のため利回りが7.67%となっていますが今期の配当金予想50円では利回りは4.79%となります。

 

スポンサーリンク



先週に引き続きの下落

 

先週に引き続き下落です。市場全体に引きずられ要因もあるでしょうし、決算が悪く下落した要因もあります。

この一覧から丁寧に銘柄を見ていくと配当目的の資産積み上げに寄与するものもでてくるのではないでしょうか。

 

 

 

-日本株, 株式, 株配当金

© 2022 定年までの資産運用 Powered by AFFINGER5