雑記

去年から投資始めた人にはきつい下落ですね

  1. HOME >
  2. その他 >
  3. 雑記 >

去年から投資始めた人にはきつい下落ですね

 

各指数年初来のパフォーマンスは以下の通りとなっています。

  • 日経平均:-7.2%
  • マザーズ:-26.0%
  • ダウ:‐6.6%
  • NASDAQ:-14.6%

この1年くらいの株式市場の盛り上がりかを受けて投資を始めた人にとっては厳しい状況に直面しているのではないでしょうか。

チャートをみてもこの1年~1年半は高値圏内を上下していましたが、それをレンジとみた場合下に抜けてしまったチャートになっています。

  • 日経平均(3年週足チャート:SBI証券より引用)

  • マザーズ(3年週足チャート:SBI証券より引用)

  • ダウ(3年週足チャート:SBI証券より引用)

  • NASDAQ(3年週足チャート:SBI証券より引用)

 

 

レバレッジをかけた商品を持っている人はこれ以上の下落に見舞われているはずです。

また信用、先物など有期限のモノに投資しているのであれば早めの損切りをしてしまうのも手です。もちろん現物(レバナス投信やレバナスETF)でも同じです。

損切りすれば、自己資金は減りますがZEROにはなりません。次回投資する機会はいくらでもめぐってきます。精神的なキツさからも解消されます。納得のうえでホールドするということもありだとは思いますが、精神的には非常にきつい状態が続きますし、仕事や生活に悪影響をおよぼすことも考えられます。

そして悪い精神状態にいるとますます悪い方向で余計なことを考えてしまいます。

アメリカのインフレがさらにひどくなる。ウクライナロシアの対立が深刻化する、台湾中国も同様。国内も南海トラフ地震が起きるので。市場はさらに下落するのでは??

損しているのは自分だけではありません、他の人もたくさんいるはずです。

 

そんな私も過去に先物、CFDでやられたときに精神的なつらさは身に染みてわかっています。年齢も年齢なので配当目的というおだやか(?)な投資を主体とすることに切り替えました。

長く投資を続けている人は、高い授業料を払っているという経験を絶対に一度はしているはずです。

この先、神風的な上昇が起こり助かるかもしれませんし、さらに下落しより悲惨な状況になるとも限りません。

次回の投資チャレンジにむけご自身で今一度現在の投資スタイルを見直してみてはいかがでしょうか?

-雑記

© 2022 定年までの資産運用 Powered by AFFINGER5