雑記

ボラティリティの激しい相場での投資

  1. HOME >
  2. その他 >
  3. 雑記 >

ボラティリティの激しい相場での投資

ボラの高い相場が続いていますね。

今年1月から先週で前日比「1%以上変動した日数」、「四捨五入で1%以上(±0.5%以上)変動した日数」は以下のとおりでした。

  • 日経平均
    1%以上:16日/31日
    ±0.5%以上:23日/31日
  • ダウ
    1%以上:11日/33日
    ±0.5%以上:20日/33日
  • NASDAQ
    1%以上:21日/33日
    ±0.5%以上:27日/33日

 

毎日市場を見ているとこの波にうまく乗れればすごい利益がとれるのではないか?と錯覚する人も多いのではないでしょうか。

デイトレが得意な人も少なからずいて、そういう人たちには良い相場かもしれませんが、私には無理。ということは過去の経験から痛感しているので、デイトレして、、、という気はまったくおきません。

しかも今年は下落相場ですから「タイミング誤って買ってもしばらくすれば上がった」昨年の状況とは違いますからね。

そういう時には静観に限りますね。

ただ私は配当目的の投資であり、また積立て(定時買付)を実施していますので、これは継続しています。別に毎日張り付いて値動きを見る必要ありませんので。

  • 配当目的の投資は、なんとなく注目している銘柄について株価と配当利回りを見て、買っても良い水準と自分が納得できるのであれば注文を入れても良いと考えています。
  • 積立て(定時買付)は何も考えず、立てている予算で淡々と積み立てを継続するだけです。

今の市場の動きはとても激しく、なかなか難しいものがあります。そのような時には少し相場から離れるということが一番良い投資行動なのかもしれません。

 

スポンサーリンク

-雑記

© 2022 定年までの資産運用 Powered by AFFINGER5