ソーシャルレンディング

プレリート(期失)継続ですが回収状況報告のメールが来ています。

  1. HOME >
  2. ソーシャルレンディング >

プレリート(期失)継続ですが回収状況報告のメールが来ています。

 

私が保持しているプレリートファンドの期失案件「グランド赤坂」は償還はされていないものの、分配金の支払いは行われています。

そんな期失案件ですが、プレリートファンド株式会社から3月15日に以下のメールが来ていました。

---
投資家の皆様へ

平素は弊社への格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
プレリートファンド株式会社(以下、当社)より、
前回報告から本日までの、延滞発生案件における回収活動状況の進捗をご報告させていただきます。

1.延滞案件の概要について
★案件の明細が多数行記載されていますのでここは省略しました。★

2.売却活動について
2月15日の報告以降も引き続き、プレリートファンド関連会社事業会社Aが投資する不動産保有会社Fは、本ファンド対象物件(グランド赤坂)の売却活動を行ってまいりました。
コロナ禍による緊急事態宣言下ではございますが、都内港区赤坂に立地するホテル不動産ということもあり、購入に関心を寄せられる米国の新たな買い手候補者からも検討打診頂き、日本支社をとおして現地内覧実施済みにございます。
引続き、国内外の買い手候補者との具体的な次のステップに進めるべく引き続き交渉・売却活動を行ってまいります。

3.回収金の分配について
投資家の皆様への配当原資となるホテル運営会社からの家賃入金の遅れはなく、約定通りの賃料を受領しております。
2月分の返済につきましては、3月1日に、受領した賃料を返済原資として、当社はプレリートファンド関連会社事業会社Aから、利息相当額として671,554円を回収いたしました。
投資家の皆様への回収金の分配は、3月10日に実施いたしました。

4.今後の状況報告について
該当投資家の皆様には、回収状況につきまして、定期的にメールにてご報告いたします。
次回については4月中旬を目途に、状況のご報告をさせていただきます。

投資家の皆様には、大変なご迷惑とご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。
引き続き、全力で回収に努めてまいります。

2021年3月15日
匿名組合契約における営業者 プレリートファンド株式会社
匿名組合出資の募集取り扱い maneoマーケット株式会社(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2011号)
---

売却活動は決着をみないものの、内覧をするなど進展はあるとの事。
まあ立地が赤坂なのでダメとなりデフォルトとなる可能性は大きくないと思いますが、待つしかない状態です。

SBI Social Lendingの遅延案件や、GIL(グリーンインフラレンディング)の破産申し立てなどソーシャルレンディングは逆風が吹いておりますので、これから投資する方は是非とも慎重な見極めが必要かと思います。

 

 

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

-ソーシャルレンディング

© 2021 定年までの資産運用 Powered by AFFINGER5