株式 株配当金 米国株

グローバルエックス社の高配当ETFは魅力的ですが

  1. HOME >
  2. 株式 >

グローバルエックス社の高配当ETFは魅力的ですが

 

高配当ETFの情報はインカムポータルサイトというので配当利回りが確認できます。

これをみると「グロバーバルエックス(Global X)」という運用会社で利回りの高いファンドが見受けられます。

米国の高配当ETFの分配利回り上位10銘柄のうち6銘柄が同社の銘柄です。(インカム投資ポータルより引用)

 

利回りをみるとなかなか魅力的ではあります。

私が積み立てている、SPYD、HDV、PFFとくらべると本当に高い利回りです。

 

グローバルX社について

 

ホームページ

↓↓↓↓↓

  • 設立:2019年9月
  • 株主
    Global X Management Company, Inc. (50%)
    大和アセットマネジメント株式会社 (40%)
    株式会社大和証券グループ本社 (10%)

となっています。

■グローバルXの投資哲学および投資原則

  • ミッション
    お客様の声に耳を傾け、斬新でインテリジェントなソリューションをお客様へ提供いたします。
  • 投資哲学および投資原則
    私たちは、革新的な視点から長期的な投資目標を追求し、一貫して以下の投資原則を実行します。

1. 独自の分析による利点
私たちは、斬新でインテリジェントなソリューションへの投資機会を提供するため、その独立性を活かし、自社開発や適切なソリューションプロバイダーとの戦略的な協働を通じて最適な手段を選択します。

2. お客様の付加価値の追求
私たちは、低コストで、より良い結果をもたらすポテンシャルの高い運用手法に基づいたインデックスベースのソリューションで、お客様に付加価値を提供することに注力します。

3. 透明性、正確性の追求
私たちのプロダクトは、公表された運用手法に基づきシステマティックに実行され、すべてのお客様にご利用いただけます。人が運用する際に起こりうる投資判断の揺らぎを排除します。

4. 組織的なアプローチ
私たちは、チームで意思決定を行うことで、慎重に投資プロセスを実行します。

 

あたらしく設立された会社でもあり、他と差別化するために斬新さを売りにしているのでしょうか。

 

他メインどころの資産運用会社の投資方針等

 

各社の投資方針として明記されているわけではないですが、投資に対する考え方を各社ホームページ(バンガードはSBI証券から)から掲載しました。

 

ブラックロックの行動原則

We are a fiduciary to our clients
私たちはお客様の利益を常に第一に考え、言行一致を旨とします。公平性と透明性を重視し、責任をもってお客様の声を届けます。

We are one BlackRock
私たちは、多様な人材の英知を集結させることで、質の高いソリューションの提供が可能になると考えています。私たちは、個々の担当分野を超えて幅広い知識を持つべく、努力し続けます。その鍵となるのは、コミュニケーションです。

We are passionate about performance
私たちはあらゆる業務において、最高のパフォーマンスを追求します。より深く考え、より正しく行動することを求め、探究心をもって学び、専門性を磨くことを奨励します。

We take emotional ownership
私たちは、お客様が信頼を背景に託してくださる大切な資産を運用し、お客様が将来に備えるお手伝いをしています。お客様の将来と業務の遂行に対する強い責任感が、私たちを形作っています。

We are committed to a better future
私たちは、長期的な視点に立ち、お客様、従業員、株主の皆様、そして地域社会の皆様を含むあらゆるステークホルダーが、よりよい将来を手にすることができるよう注力します。この使命感を礎に、持続可能な事業運営を実行していきます。

 

ステートストリート(ミッション/使命)

ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ(当社)の使命は、経済的繁栄と社会の進歩を可能にするために責任を持って投資することだと考えています。その原動力となっているのは、お客様と、お客様を拠り所とする人々がより良い将来を実現するお手伝いをしたいという私たちの強い願いです。長年にわたる革新的な運用戦略の開発を通じて、お客様に対して信頼性と透明性の高いリターンを、コスト効率に優れて過度なリスクを負わずに提供することを目指してきました。そしてさまざまな形でこれを実現しています。

雇用者と協力し、多くの人々が安心して尊厳を持った退職生活を安心して送れることを目指します。
基金や財団に対し、教育、科学、環境に関する革新的な進歩を達成できるように支援します。
金融の専門家や金融機関と協力し、そのお客様が財務上の目標を達成する手助けを行います。
各国政府が、インフラを構築し、金融政策を実行し、将来の世代のために備えるのをサポートします。
企業と連携し、それぞれが財政面のコミットメントを達成して事業に再投資するのをお手伝いします。

 

バンガード

SBI証券から引用したものですが。

きわめてシンプルな投資哲学です。

 

3社については歴史のある会社でもあるのでオーソドックスな考えがメインとなっているのではないでしょうか。

 

自分は保守的に行きたい

 

グローバルX社の高配当ETFは魅力的です。ですが、これって長期に続くのでしょうか?疑っているわけではありませんが、一般的に考えると今後期待を裏切られる状況が起こりうるリスクが高いものではないかと思っています。

高配当のETFへ投資している、もっというと株式へ投資しているのでリスクは、どこにでもあるのですが、それでもリスクはできる限り抑えた運用を任せていきたいと思っています。自分は保守的にいきたいお年頃ですので、バンガード、ブラックロック、ステートストリートなどアメリカの伝統ある運用会社を対象としていきたいと考えています。

 

今後のグローバルX社のETFの運用成績には注目はしています。

 

 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

にほんブログ村

-株式, 株配当金, 米国株

© 2022 定年までの資産運用 Powered by AFFINGER5